漫画「王家の紋章(6)~(10)」(細川智栄子)

(6)チグリス川を氾濫させ、アッシリアのアルゴン王から逃げるキャロル。さらにそれを追うヒッタイトイズミル王子には砂漠で流砂の罠をしかける。一方で、アイシスを狙うバビロニアのラガシュ王。それぞれの思惑が交錯する。

王家の紋章 (6) (秋田文庫)

王家の紋章 (6) (秋田文庫)

 

(7)ようやくメンフィスとキャロルは結婚。妬むアイシスバビロニアへ。 

王家の紋章 (7) (秋田文庫)

王家の紋章 (7) (秋田文庫)

 

 (8)バビロニアのラガシュ王に捕らえられたキャロル。逃げ出すための嘘として月食が起こると予言。そして実際に月食が起きてしまう。キャロルは原油を見つけバベルの塔を炎上させる。 

王家の紋章 (8) (秋田文庫)

王家の紋章 (8) (秋田文庫)

 

 (9)バビロニアから逃走中のキャロル。追手に追いつかれないように逃げ続ける。草原へ逃げ、砂漠へ逃げ、盗賊にも襲われ逃げ続ける。そしてついに探しているメンフィスと再会。 

王家の紋章 (9) (秋田文庫)

王家の紋章 (9) (秋田文庫)

 

 (10)ようやくメンフィスと再会できたキャロルはエジプトへ帰還する。しかしそこにはリビアのカーフラ王女が。メンフィスに接近しているのを間近で見てしまい、キャロルはナイルへ逃げ出してしまう。 

王家の紋章 (10) (秋田文庫 (17-10))

王家の紋章 (10) (秋田文庫 (17-10))

 

 

書籍「古墳とその時代」(日本史リブレット4)・白石太一郎

①日本の古墳の特異性

②古墳とヤマト政権

古墳時代の人々の生活

④日本列島の文明化の始まり

 

古墳とその時代 (日本史リブレット)

古墳とその時代 (日本史リブレット)

 

 

漫画「王家の紋章(1)~(5)」(細川智栄子)

秋田文庫版

(1)アイシスの呪いにより古代エジプトにタイムスリップしてしまったキャロル。そこで出会ったのはミイラとして発掘されたメンフィスであった。 

王家の紋章 (1) (秋田文庫)

王家の紋章 (1) (秋田文庫)

 

 (2)再び古代エジプトで気が付いたキャロル。ヒッタイトの王に捕らえられ、エジプトとヒッタイトの戦が始まる。 

王家の紋章 (2) (秋田文庫)

王家の紋章 (2) (秋田文庫)

 

 (3)ヒッタイトから救出されたキャロル。反発しながらもメンフィスと結婚することに決める。その婚儀が執り行われるが、暴れるライオンに襲われる二人。 

王家の紋章 (3) (秋田文庫)

王家の紋章 (3) (秋田文庫)

 (4)現代に戻ったキャロルは記憶を失っている。しかしどこからか聞こえてくる古代からの呼び声。それに悩まされる。しかし再びナイル川から古代エジプトへ。そして、メンフィスの他にもアッシリアの王にも気に入られる。 
王家の紋章 (4) (秋田文庫)

王家の紋章 (4) (秋田文庫)

 

 (5)ヒッタイトに捕らえられたキャロル。抜け出すも次はアッシリアの王、アルゴンに捕まってしまう。そしてキャロルを探していたメンフィスもアルゴンに捕まってしまう。

 

王家の紋章 (5) (秋田文庫)

王家の紋章 (5) (秋田文庫)

 

 

 

展覧会「いにしえの響き」

 豊川市・桜ケ丘ミュージアムで開催された特別展(2020.11.14~2021.1.11)

・振り動かして鳴らす音具を「すず」、撞いたり叩いたりして鳴らす音具を「かね」

・鈴は目よりも高い位置で振る、下で振ると神さまが怒る(梁塵秘抄)

・聞く銅鐸から見る銅鐸へ

・志段味大塚古墳と泊古墳の五鈴鏡は「同型鏡」

 

桜ヶ丘ミュージアム

https://www.city.toyokawa.lg.jp/shisetsu/bunkakyoiku/sakuragaokamuseum/

講演会「銅鐸の謎」

2020.11.19 元愛知県埋蔵文化財調査センター所長 加藤安信氏

1 豊川市から消えた銅鐸

 千両銅鐸

 豊沢銅鐸

 下長山銅鐸

2 愛知県内の銅鐸出土地

3 祭器としての銅鐸

4 銅鐸祭祀の終わり

5 銅鐸には未だに謎が多い

 

参考資料 当日配布資料